Googleストリートビューの写真撮影アルバイト!?

皆さんGoogleストリートビューはご存じでしょうか?

インターネット地図の「ハシリ」とも言えるGoogleマップ。

最初は普通の地図と航空写真の切り替え表示で、スムーズかつ高性能、高機能でどこでも自由に見られることから一躍「インターネットの必須アイテムサイト」の一つになりました。

その後も機能を追加し続け、ますます進化し便利になっていってるのですが、世界中をアッと言わせたのが「Googleストリートビュー」の追加でした。

Googleストリートビューは、これまでの地図のように空から眺めるのではなく、人が歩くときと同じように水平の視線で街を見ることができるようになったものです。

しかもそれをすべて写真撮影し、歩くと風景が変わっていくのと同じように、街の写真がシームレスに変化していくという、これまた驚異的な技術でした。

そしてGoogleストリートビューを使った人は驚くと共に、こう疑問に思ったはずです。

「この写真、いつ誰がどうやって撮影したんだ?」と。

実はそのGoogleストリートビューの写真撮影のアルバイトらしき情報があった、というのです!

GIGAZINEさんが掲載している情報ですが、アデコという派遣会社が、「有名なポータルサイトの仕事」の求人を募集しており、アルバイトの内容というのは

派遣社員の自宅近くに雇用主が駐車場を借り、全方向を撮影できるカメラを搭載したプリウスを与え、平日昼間都内の道路をくまなく走り回る仕事。

直行直帰。

6人ほど雇用し、GW明けから年末までかけて都内全域を撮影。

あなたの撮影した映像が世界中から見られることになります。

時給1600円。

雨天時など撮影に不適な場合は半日分の給料支給。

ということだそうです。

もちろんGoogleストリートビューかどうかは明記されていないので、Googleではない別のポータルサイトかもしれません。

しかし、「世界中から見られる」ということと、自動車がプリウスということ(Googleストリートビューの撮影にはプリウスが使われているらしい)から、Googleストリートビューの可能性は高いのではないかと思われます。

時給も悪くないですし、何より滅多にない面白いアルバイトで、後日話のネタになること間違いないのではないでしょうか。

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ

免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、情報の内容を保証するものではありません。
本ウェブサイトの使用、閲覧等によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。また本ウェブサイトの情報は予告なく変更される場合があります。
undefined