高校生のアルバイト

高校生のアルバイトは、学校によっては許可していないところもあります。またお店や職場によっては、高校生は雇いたくない、と思っているところもあります。

やはり高校生は「まだ学業を優先させるべき時期」と考える学校、会社が多いからです。

ですが、高校生がアルバイトをするということは、単なるお小遣い稼ぎだけでなく、社会経験を積むという意義もあります。社会人としての経験にもなり、就業後にも役に立つことでしょう。

特に就職先と同じ業種、職種のアルバイト経験を持っている学生は、そうでない人に比べて、就職の際も多少有利になると言われています。

高校生のアルバイトは、一般のアルバイトに比べて規定、制限などが増えています。たとえば夜間の働けない時間帯があったり、親の許可を得なければならない、といったことがあります。

高校生でも比較的働きやすいアルバイトとしては、年末年始のの郵便局の仕分けのアルバイトや、コンビニエンスストア、ファーストフードの店員などのアルバイトなどです。

やはり高校生アルバイトで多いのは、それほど難しい仕事ではなく、一度業務内容を覚えれば誰でもできるようになるような仕事になります。

ですので仕事内容のハードルは低いですが、まずは学校の許可を得て、禁止されていないかことを確認してから始めるようにしましょう。

お客さん相手の接客業の場合は、言葉づかいや態度などもわきまえなければならないのは当然です。

慣れてないとその辺りは大変かもしれませんが、若い頃に身につけた経験は、きっと将来何らかの形で役に立つはずです。社会勉強という意味でもしっかり取り組みましょう。

この記事のタグ

▼サイト内関連記事

関連ニュース

▲このページのトップへ

免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、情報の内容を保証するものではありません。
本ウェブサイトの使用、閲覧等によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。また本ウェブサイトの情報は予告なく変更される場合があります。
undefined