アルバイトの確定申告

アルバイトの人は確定申告をしなくていいのでしょうか?

そう思っている人も多いかもしれません。しかし、アルバイトでも先に税金を払っているような場合は、確定申告をすると、会社員と同様に税金が戻ってくる可能性があります。

会社員は年末調整で支払った税金を還付してもらっています。また税金の支払額が不足していたら納税しなければなりません。

ところが、アルバイトの人は年末調整が必要なのに、会社によってはきちんと年末調整が行われていないケースも多い、という指摘があります。

実際はすでにバイト代から所得税が引かれているのに、さらに税金を支払っていることに気がついていない人さえいる、というわけです。

前年の収入額に応じた税金を引いていることもあり、収入全体の1割ほどを税金として払っているケースが多いです。

アルバイトでも税金を還付できるシステムは、給料から税金が引かれている場合です。

源泉徴収されているのならば、会社側に言えば源泉徴収書を出してもらえます。

その支払い総額が103万円以下であれば、給与所得控除額の65万円を引くと38万円以下になるので、本当は税金がかからないことになります。

ですからこの状態で予め税金が徴収されてる場合は、還付申請すれば税金が戻ってきます。

また税金が給与から引かれていない場合は、確定申告の結果税金を払わなければならなくなることもあるので、注意しましょう。

アルバイトの人は還付申告だけのことが多いので、早めに申告すればスムーズに受理されると思います。

この記事のタグ

▼サイト内関連記事

関連ニュース

▲このページのトップへ

免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、情報の内容を保証するものではありません。
本ウェブサイトの使用、閲覧等によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。また本ウェブサイトの情報は予告なく変更される場合があります。
undefined