アルバイトとパート

アルバイトとパートの違いがわからないという人、結構多いと思います。実際にこの二つは一体何が違っているのでしょうか?

アルバイトとパートの違いの一つは、労働基準法で定められている基準です。パートは、基本的に労働時間と賃金を除けば正社員と同じ待遇です。

従って働く時間と賃金の額に違いはあっても、ほとんどの仕事内容は正社員の人と同じ扱いになっているのがほとんどです。

とはいえ、パートのはっきりとした基準や、「これがパートの定義」といったようなものが決められているわけでもないのが実情です。

もちろん、アルバイトとパートがほとんど同じ扱いで仕事をしている職場、会社はたくさんあります。

ですので学生の臨時雇いがアルバイト、主婦などの臨時雇い、雇用形態がパートだ、と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、主婦だからパートになってアルバイトでは働けないとか、逆に学生やフリーターだからパートではなくて必ずアルバイトになる、というわけでもありません。

この点でもまた、アルバイトとパートのどこがどう違うのかがはっきりと区別しにくくなっている現状があります。

これからアルバイトを探そうと思っている人も、またパートを探そうと思っている人も、「パートだからダメ」「アルバイトだからいい」といったことはあまり気にしないでいいです。どちらも特に応募条件などは違わないと思います。

ですが、働く時の条件が多少異なる、ということもあり得ますから、そこはきちんと確認しておきましょう。

時折パートの方が労働時間帯が長かったり、また賃金がいい、ということもありますので。

この記事のタグ

▼サイト内関連記事

関連ニュース

▲このページのトップへ

免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には注意を払っていますが、情報の内容を保証するものではありません。
本ウェブサイトの使用、閲覧等によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。また本ウェブサイトの情報は予告なく変更される場合があります。
undefined